2011年4月アーカイブ

本日張替えのタイミングでもあったので、自分用と友人ようの2つを張り替えてみました。

-------------------------------------------------------------------------------------
1.Slazenger NX TWO
前回張替日:2011/01/03
今回張替日:2011/04/23
ガット:ミクロスーパー16L 1.25mm
テンション:縦 58P / 横 55P
張上前DT値:34 (49lbs相当)
張上後DT値:39 (56lbs相当)
-------------------------------------------------------------------------------------
こちらは依頼された張替えラケットのSlazengerです。
98sqあるこのラケットです。
ミクロスーパーで張り上げを行ったところ、設定したテンションとほぼ合致した値が出ました。
前回張替えが3ヶ月前ですが、あまり使っていないのと、ガットの性質からして張り上げ前のテンションロスが少なかったように思われます。

-------------------------------------------------------------------------------------
2.Wilson SixOneTour90BLX US
前回張替日:2011/03/09
今回張替日:2011/04/23
ガット:メイン:ルキシロン アルパワー 1.25mm
    クロス TONIC+BALLFEELナチュラル1.35mm以下
テンション:60P
張上前DT値:27 (35lbs相当)
張上後DT値:40 (53lbs相当)
-------------------------------------------------------------------------------------

上記は自分用です。60lbsで張ったものの、測定結果は53lbsと出ました。
これはストリング性質、特にアルパワーがこの影響を与えているのではないかと思われます。
実際うちのストリングマシンはコンピュータ方式なので、張り上げの力はさほど誤差はないはずと思われるためです。

また、テンションロスの激しさも注目です。張替え前が35lbs相当とは・・・
最近のテニスで一所懸命打ってもコートを超えて飛んでいくと思った、とストリングのせいにしてみます。

最近ガクッと調子が変わることがあり、ストリンガーとしても必要な測定器を買いました。

GOSEN(ゴーセン)テニスコンピューターGA53



ダイナミックテンションという、ラケットがボールに衝突している間に影響するガットの硬さを計算します。

DT値が低いほどボールスピード、パワーがアップ、
DT値が高いほどコントール性がアップします。

ガットテンションと同じ考え方で間違いありませんが、張り上げ時の設定値から、
実際に現実に反映されているテンションが測定することができるわけです。
ストリング性質によって設定値と異なる張り上がりが出ますので、この修正にも利用できます。
実際に測定したサンプルは別途記事でご紹介します。

28-34 守備型
35-41 力強く攻撃的プレー
42-46 スピード感があり攻撃的プレー
47-56 スピード感の増した超攻撃的プレー

メンバーの方には実際にお持ちしますので、ぜひ計測してみてください。

Powered by Movable Type 4.23-ja

2012年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

天気予報

このアーカイブについて

このページには、2011年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年3月です。

次のアーカイブは2011年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。